さて、愛さんの電話占いとタロット占い。
このタロット占い、ワンルームマンションの7階の1室がお店となっているのですが、アラビアンな布のパーテーションで区切っただけの3人で座れる程度のソファが待合室変わりになっている。なので、占いしている後ろ姿も透けて見えるし、内容なんてばっちり聞こえてしまう。待合室で待っているときは、どんな内容で相談しているか気になるし、なにより薄暗い部屋では本や雑誌も見られない。スマホの明るい画面も、ちょっと失礼かな?って気分になるので、待合室では大人しく待つしかなく、どうしても前の人の内容に耳を傾けてしまうのだ。
これが、自分の順番になると、先生の話しに引き込まれるように、待合室のことが気にならなくなるのだから不思議です。
でも、一応、愛さんにとってはこの時期、わたしが一緒にいるのは気になるかな?って思ったので、でましょうか?と声をかけてみたが、一緒に聞いて、と言われてしまった。
愛さんが最初に聞いたのは、やはり恋愛のこと。
カードが言うには、昔の彼が本物以上に美化されて、その彼以上の人でないと恋愛できない、という気持ちがあるようだ、とのこと。愛さんはぼそっと、“当たってるかも・・・”。
たいした男じゃないから、早く忘れろー、って先生が笑わせる。さらに、コンパでもなんでも行かないと出会いがないから、とにかく外に出ろ、という。これは、あの電話占いと同じこと言ってるな、と感じる。電話占いもたいしたもんですね!
そのあと、愛さんが見てもらったのは、わたしと同じで結婚できるかどうか?
愛さんはわたしと違い、“結婚は難しいかも”とのこと。隣りで聞いていて、ちょっと申し訳ないような気分になる。これも、“やっぱり”という愛さん。あなたの、家族への確執を捨てないと、という先生の言葉の意味がわからないわたしに対して、ゆっくりとうなづく愛さん。
そして次は弟さんについてのこと。これも、結婚はしない、という結果に。弟さんは、今住んでいる家が大好きで、女性にも興味をなくしてしまっているらしい。昔は彼女もいたらしいのだが、なにかに疲れているのかな?という先生の言葉。
そして最後は、“わたしが信じている人のことなんですが、最近ちょっと不信感があって・・・”とのこと。そこに出たのは、“ペテン師”の意味を持つカード。
先生が言うには、「この人、有名人が来た、とか、えらい人と知り合いだ、とか言わない?」という。それに驚く愛さん。最初は、正直な気持ちでやっていたけど、顧客が増え、仲間が増えるうちに、もっとえらくならなくては?という気持ちになって行った、と言うのを聞いて、ある占い師を思い出しました。